Q9 石炭のカロリについて教えて下さい。

石炭物語の中で説明したとおり、石炭は大昔に植物が倒れ積もった後、熱や圧力の影響を受けて長い時間かけて作られます。
時間をかけてだんだん石炭になっていくわけですが、この石炭になっていく変化の度合いを石炭化度といいます。

この石炭化度によって、発熱量、いわゆるカロリの大きさも違ってきます。
石炭化度の低いものから順に、泥炭、褐炭、亜瀝青炭、瀝青炭、無煙炭に分けられます。
石炭ランドでは石炭を「燃える石」ということで上の5種類として説明していますが、
日本の法律では泥炭をのぞいた4種類を石炭と分類しています。
また、亜炭(あたん)という呼び方をされるものがありますが、これは褐炭の中で石炭化度が低いものをいいます。

カロリを使った分類をするときには、ふつうkcal/kg(キロカロリ/キログラム)が使われます。最近は国際単位として、
kJ/kg(キロジュール/キログラム)も使われます。

分類をまとめると、次のようになります。

 
発熱量(kcal/kg)
発熱量(kJ/kg)
無煙炭 8,400以上 35,160以上
瀝青炭 8,100~8,400 33,910~35,160
亜瀝青炭 7,300~8,100 30,560~33,910
褐炭 5,500~7,300 24,280~30,560

これは一つの基準です。実際に石炭を売買する場合などは、必ずしもこの分類通りでは扱われないこともあります。


もどる